住宅瑕疵担保責任保険協会

日本語・英語サイトの切替えが可能です

  • 日本語サイトへ
  • 英語サイトへ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大
サイトマップ

バックナンバー

新着情報

<<前へ  12345 次へ>> 
  • 2020.03.26
    【既存住宅現況検査技術者講習】長期優良住宅化リフォーム推進事業の登録インスペクター制度の廃止について

    施工管理技術者を対象とした既存住宅現況検査技術者の資格をお持ちのみなさまへ

     

     令和2年3月26日付にて国土交通省から事務連絡があり、長期優良住宅化リフォーム推進事業において登録しておりましたインスペクター講習団体は令和2年3月末をもってその登録を廃止し、これによりインスペクター講習団体の登録を受けた登録インスペクター(弊会では既存住宅現況検査技術者となります。)についても、令和2年4月以降は長期優良住宅化リフォーム推進事業におけるインスペクションを実施することができなくなる旨の通知がありました。

     

     なお、工事着工前1年以内に実施されているものを長期優良住宅化リフォーム推進事業で有効なインスペクションとして扱いますので、登録インスペクター(既存住宅現況検査技術者)が実施したインスペクションであっても、令和2年3月迄に実施されたもので工事着工前1 年以内であれば有効です。

     

     また、建築士を対象とした既存住宅状況調査技術者の資格をお持ちの方は、従来通り長期優良住宅化リフォーム推進事業におけるインスペクションを実施することができます。

     

     本内容については、3月27日(金)以降、弊会にご登録の既存住宅状況調査技術者のみなさまにFAXにて個別にご連絡をいたします。

     

     なお、資格自体は登録証記載の期限まで有効です。制度の廃止についてのお問合せは弊会ではお答えできませんので、お手数ですが国土交通省 住宅生産課までお問い合わせください。

     

  • 2020.03.06
    【既存住宅状況調査技術者講習】 2020年1月23日~2月14日開催分の合格者発表

    本日、2020年1月23日(木)から2月14日(金)までに開催しました既存住宅状況調査技術者講習の合格者の発表をいたしました。以下のサイトでご確認ください。

    https://www.kashihoken.or.jp/inspection/success.php

    なお、修了証明書・登録証は、3月中旬に順次発送を予定しておりますので、今しばらくお待ちください。

     

  • 2020.02.28
    【既存住宅状況調査技術者講習】新型コロナウイルス感染対策による4月の新規講習開催延期について

    平素は弊会活動に格別のご高配とご理解を賜り、厚く御礼申し上げます。
    先般政府が示した新型コロナウイルス感染症対策の基本方針に基づき、国土交通省から2月27日付で、既存住宅状況調査技術者講習について、早期の受講が必要となる者がいる等など特別な事情がある場合を除き、本年4月末まで実施を控えることとする旨の指示が参りました。
     
    これにより、大変ご迷惑をおかけいたしますが、弊会も感染の拡大防止を最優先とさせていただき、本年4月に開催予定となっておりました以下の新規講習を延期し、新たな申込受付を停止いたします。
     
    【対象となる講習】
     
    ・4月15日(水)東京会場 新規講習
     
    ・4月22日(水)大阪会場 新規講習
     
    ・4月23日(木)名古屋会場 新規講習
     
    すでにお申し込みをいただいた方については、個別にご連絡をさせていただきます。また、キャンセルをご希望の方については、弊会の受講料の返還規定に基づき、災害等に準ずるケースとして受講料を全額返還いたします。
    延期の時期は未定となりますが、5月以降の開催については、感染の状況等を見極めたうえで改めてご案内いたします。
     
    以上、諸事情ご賢察いただき、ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

  • 2020.02.12
    2020年度既存住宅状況調査技術者講習【新規】開催・受付開始のお知らせ

    2020年度[既存住宅状況調査技術者講習」新規講習の開催をお知らせします。
     講習会は、2020年4月15日(水)~9月25日(金)までの開催分について、申込受付を開始致します。
     本講習は、2018年(平成30年)4月より施行された改正宅建業表における「建物状況調査」に対応する資格を取得できるほか、「建物状況調査」の結果を活用して既存住宅売買瑕疵保険への加入が可能となります。
     受講料は、¥24,200(税込)です。
     詳しいお申込み方法等は、弊会ホームページの以下のサイトをご確認ください。
     
    ※2020年10月以降の開催は2020年7月末頃のご案内を予定しております。
    よろしくお願い致します。
     
     
     

  • 2020.02.12
    2020年度既存住宅状況調査技術者講習【更新】開催・受付開始のお知らせ

     2020年度[既存住宅状況調査技術者講習」更新講習の開催をお知らせします。
     講習会は、2020年5月12日(火)~9月30日(水)までの開催分について、申込受付を開始致します。
     本講習は、2017年度に既存住宅状況調査の資格を取得(有効期限が2021年3月31日)された方のみが対象で、資格更新のための講習となります。
     また他の講習団体にご登録の既存住宅状況調査技術者(有効期限が2021年3月31日)の方もご受講いただけます。
     受講料は、¥19,800(税込)です。
     詳しいお申込み方法等は、弊会ホームページの以下のサイトをご確認ください。
     
    ※2020年10月以降の開催は2020年7月末頃のご案内を予定しております。
    よろしくお願い致します。
     

  • 2020.02.12
    【お詫びと訂正】2020年度 既存住宅状況調査更新講習のご案内FAXについて

    弊会に既存住宅状況調査技術者のご登録があり、2021年3月末(令和3年3月末)に有効期限を迎える皆様へFAXにて更新講習のご案内をお送りしておりますが、案内文に一部誤りがございました。

    案内文には、本年度が更新講習受講時期とありますが、正しくは、来年度(2020年度)が更新講習受講時期となります。お詫びして訂正させていただきます。誠に申し訳ございません。

    <案内文のなお書き部分>

    【誤】 なお、本状は12月末時点で弊会に既存住宅状況調査技術者のご登録があり、本年度が更新講習受講時期に当たる方宛に、~

    【正】 なお、本状は12月末時点で弊会に既存住宅状況調査技術者のご登録があり、来年度が更新講習受講時期に当たる方宛に、~

     

  • 2019.12.24
    【既存住宅状況調査技術者講習】 2019年11月12日~12月10日開催分の合格者発表

    本日、2019年11月12日(火)から12月10日(火)までに開催しました既存住宅状況調査技術者講習の合格者の発表をいたしました。以下のサイトでご確認ください。

    https://www.kashihoken.or.jp/inspection/success.php

    なお、修了証明書・登録証は、1月中旬に順次発送を予定しておりますので、今しばらくお待ちください。

     

  • 2019.10.15
    【既存住宅状況調査技術者講習】台風19号により被災された既存住宅状況調査技術者の皆さまへ

    この度の台風19号により被災された方々には心よりお見舞いを申し上げます。

    被災等により既存住宅状況調査業務が当面できなくなった場合には、お手数ですがその旨をお電話等でお申し出ください。宅建業者さまが技術者をあっせんする際に利用する弊会ホームページの「既存住宅状況調査技術者検索」において、非表示の扱いといたします。また、業務再開時にはその旨を申し出ていただければ、改めて公開の扱いといたします。

    何かご不明な点等ありましたら弊会担当者までご連絡ください。

    皆さまの安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

  • 2019.10.01
    【ご案内】消費税増税に伴う講習受講料等の改定について

     消費税増税に伴い、以下のとおり、講習受講料及び修了証明書・登録証の再発行手数料を改定いたしましたので、ご案内申し上げます。

     

    【既存住宅状況調査技術者】

     ① 講習受講料(2019年10月1日以降に開催)

       新規:24,200円(税込) 移行:19,800円(税込)

     ② 修了証明書・登録証の再発行手数料(2019年10月1日以降に再発行願を受理):

       5,500円(税込)

     

    【既存住宅現況検査技術者】

     ① 修了証明書・登録証の再発行手数料(2019年10月1日以降に再発行願を受理):

       2,200円(税込)

  • 2019.09.17
    【既存住宅状況調査技術者講習】国土交通省実施アンケート調査へのご協力のお願い

    令和元年09月13日付で、国土交通省より既存住宅状況調査技術者の皆様に対し、既存住宅状況調査の実施状況やその課題等に関するアンケート調査への協力依頼メールが送信されております。調査対象者は1事業所につき1名となっており、複数名ご登録いただいている場合は、無作為に1名選出されています。ご多用のことと存じますが、ご協力をお願い申し上げます。

     

    本調査の概要及びお問合せ先につきましては、国土交通省のホームページをご参照ください。

    URL:http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/kisonjutakuinspection.html

     

    ※本調査の実施に際しては、弊会の個人情報の取扱規程に基づき、本調査のみを目的として弊会にご登録いただいている技術者のメールアドレスを国土交通省へ提供しておりますので、予めご承知おきください。

     

  • 2019.07.08
    【9月25日追加開催決定】2019年度 既存住宅状況調査技術者講習 東京会場追加開催・受付開始のお知らせ

    2019年度「既存住宅状況調査技術者講習」追加開催のお知らせを致します。

    この度 東京会場では満席が続いておりますので、9月25日(水)東京会場(会場:弊会会議室)にて追加開催をすることと致しました。

    本日より、申込受付を開始致します。

     

    なお、詳しいお申込方法等は、弊会ホームページにてご確認ください。

    https://www.kashihoken.or.jp/inspection/

    ※以前、弊会ホームページをご覧になった方で、「講習会申込」のバナーが正しく表示されない場合は、ブラウザ画面を再読み込み(リロード)してください。

    皆様からのお申込を心よりお待ち申し上げます。

     

  • 2019.06.11
    【既存住宅状況調査技術者講習】次世代住宅ポイント制度用インスペクション実施証明書の発行について

    6月3日より申請受付が始まりました次世代住宅ポイント制度ですが、既存住宅の売買やリフォームに際して既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士が、既存住宅状況調査方法基準に従って行う建物状況調査を行った場合に、既存住宅の買主であるポイント申請者に7,000ポイントが発行されることとなりました。
     
    〇 ポイント発行される建物状況調査に関する要件
     
    ポイント申請の際に、「建物状況調査の結果の概要の写し」または「インスペクション実施証明書」のいずれかを添付することとされています。
     
    「インスペクション実施証明書」とは、既存住宅状況調査技術者が建物状況調査を実施したことを証明する次世代住宅ポイントの申請のみに用途が限定された新たな書式となります。
     
    本書式の作成にあたっては、調査の依頼主またはポイント申請者が以下の次世代住宅ポイントのホームページから様式をダウンロードして、調査を実施した既存住宅状況調査技術者に実施者名などの必要事項を記入、押印の上、お渡しいただくものです。
     
    〇 次世代住宅ポイント 住宅事業者用ページ 「必要書類のダウンロード」
     
    このたび、次世代住宅ポイント事務局より書式および記入例が公開され、国土交通省より講習実施機関宛に協力の依頼がありましたので、「インスペクション実施証明書」作成について、既存住宅状況調査技術者の皆さまにもご協力をお願いいたします。
     
    なお、本書式の作成については、既存住宅状況調査技術者の皆さまには一切の義務はなく、任意にてご協力いただければ結構です。また、作成費用についても講習実施機関より指定するものではありませんので、皆さまのご判断にて定めていただいて結構です。
     
    記入方法については次世代住宅ポイント事務局までお問い合わせください。
    ナビダイヤル 0570-001-339 受付時間 9:00~17:00(土・日・祝含む)
    IP電話の場合は042-303-1553におかけください。

  • 2019.05.07
    【追加開催決定】2019年度 既存住宅状況調査技術者講習 東京会場追加開催・受付開始のお知らせ

    2019年度「既存住宅状況調査技術者講習」追加開催のお知らせを致します。

    この度 4月16日(火)に開催致しました東京会場では、多くの方に受講をいただき、また、5月17日(金)東京会場におきましては、定員数を上回るお申込をいただきましたことから、6月4日(火)東京会場(会場:弊会会議室)にて追加開催をすることと致しました。

    本日より、6月4日(火)追加開催分につきまして、申込受付を開始致します。

    本講習は、2019年(平成30年)4月より施行されました改正宅建業法の「建物状況調査」に対応する資格を取得いただける講習となっております。宅建業者からの「建物状況調査」の業務受託や「安心R住宅」の調査業務等をお考えの建築士の方におかれましては、本講習の受講をご検討いただきますよう、よろしくお願い致します。

    なお、詳しいお申込方法等は、弊会ホームページにてご確認ください。

    https://www.kashihoken.or.jp/inspection/

    ※以前、弊会ホームページをご覧になった方で、「講習会申込」のバナーが正しく表示されない場合は、ブラウザ画面を再読み込み(リロード)してください。

    皆様からのお申込を心よりお待ち申し上げます。

  • 2019.03.18
    2019年度 既存住宅状況調査技術者講習 開催・受付開始のお知らせ

    2019年度「既存住宅状況調査技術者講習」の開催をお知らせ致します。

    2019年度の講習会は、2019年4月16日(火)から2020年2月14日(金)の間、全国主要13都市(計22会場)で開催致します。この内、4月16日(火)から9月5日(木)までの開催分について、申込受付を開始致します。

    本講習は、2018年(平成30年)4月より施行された改正宅建業表における「建物状況調査」に対応する資格を取得できるほか、「建物状況調査」の結果を活用して既存住宅売買瑕疵保険への加入が可能となります。また、調査結果は既存住宅の標章制度「安心R住宅」の認証にも活用できます。

    詳しいお申込み方法等は、弊会ホームページの以下のサイトをご確認ください。

    https://www.kashihoken.or.jp/inspection/

    よろしくお願い致します。

    ※2019年10月7日(火)以降の開催分は7月から受付を開始します。なお、2019年10月1日より消費税が10%となりますので、ご注意ください。

    ※以前、弊会ホームページをご覧になった方で、「講習会申込」のバナーが正しく表示されない場合は、ブラウザ画面を再読み込み(リロード)してください。

  • 2019.03.08
    【既存住宅現況検査技術者講習(更新)】 平成30年度実施分の合格者発表

    本日、平成30年度 既存住宅現況検査技術者講習【更新】の合格者を発表いたしました。

    以下のサイトにてご確認ください。

    https://www.kashihoken.or.jp/inspection_genkyo/success.php

     

    なお、登録証(カード)は、3月中旬から順次発送予定となっておりますので、今しばらくお待ちください。

  • 2019.02.14
    【お詫び】現況検査技術者専用ページのURLの誤記載について

    現況検査技術者講習の合格者の方にご郵送しております登録者カードの送付状で『現況検査技術者専用ページ』をご案内しておりますが、2017年度実施の講習会分において誤ったURLを記載しておりました。正しくは、

    http://www.kashihoken.or.jp/inspection_genkyo/download.php

    です。お詫びして訂正いたします。なお、資料ダウンロードに必要な「ユーザー名」「パスワード」に変更はございません。

  • 2018.12.25
    【既存住宅状況調査技術者講習】既存住宅状況調査は昨年度の倍の規模、あっせん希望は約2割に

    国土交通省は、「制度施行10年経過を見据えた住宅瑕疵保険制度に関する検討会」の第3回会議(平成30年12月20日開催)において、平成30年度上半期の既存住宅状況調査の実施状況を明らかにしました。報告によれば、

    ● 既存住宅状況調査の実施件数(平成30年10月下旬から11月中旬に実施したアンケートの回答者数5,441名が実施した件数)は平成30年度上期で5,932件

    ● 既存住宅現況検査520件を含めた平成30年度の年間推計値は12,904件

    これは、既存住宅流通戸数約16.9万戸(平成25年度 総務省住宅土地統計調査の推計値)の約8%を占めることとなります。また、平成29年度の実績値5,892件に比べて2倍以上となっています。

    また、同時に宅建業者に対するアンケートも実施しており、有効回答数413件の媒介契約件数17,495件のうち、

    ● 建物状況調査のあっせん希望は売主からの希望が16%、買主からの希望が2%、合計18%(約2割)

    ● うち宅建業者があっせんした割合は93%

    ● うち建物状況調査を実施した割合は94%

    ● うち建物状況調査を実施して売買契約に至った割合は62%

    と高い水準となっており、地域や検査事業者の規模等により差はあるものの、制度として徐々に定着していると思われます。

  • 2018.12.03
    【既存住宅状況調査技術者講習】既存住宅状況調査方法の主な変更点とチェックシート等の一部改訂について

    以下の2点についてご案内いたします。

    ①講習テキストの改訂にあわせて、既存住宅状況調査方法を一部変更いたしました(平成30年6月以降に講習を受講された方は変更ございません)。

    講習テキスト第1版をお持ちの方は、技術者専用ページ「資料閲覧」コーナーの一番下に主な変更点を整理したものを掲載いたしましたので、ダウンロードしてご確認ください。

    ②「状況調査チェックシート」及び「写真シート」のチェックボックスをプルダウン形式といたしました(内容の変更はございません)。是非ご活用ください。

    https://www.kashihoken.or.jp/inspection_memb/doc.php

  • 2018.11.27
    【既存住宅状況調査技術者講習】 平成30年10月~11月実施分の合格者発表

    本日、平成30年10月9日(火)から11月6日(火)までに開催しました既存住宅状況調査技術者講習の合格者の発表をいたしました。以下のサイトでご確認ください。

    https://www.kashihoken.or.jp/inspection/success.php

     

    なお、修了証明書・登録証は、12月13日以降順次発送予定となっておりますので、今しばらくお待ちください

  • 2018.09.06
    【既存住宅状況調査技術者講習】台風21号及び北海道道央・道南地域の地震への対応について

    このたびの台風21号及び北海道道央・道南地域を中心とした大規模地震により被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

    既存住宅状況調査技術者講習の大阪会場および札幌会場につきましては、現時点で開催を予定しておりますが、ライフラインや交通機関の状況等に鑑み、予定の変更がある場合には当お知らせ欄にてすみやかにご案内をいたします。

    また、すでに受講申込をされた方で今回の災害等によりご受講いただけない場合には、キャンセルをお受けいたしますとともに受講料を全額返還いたします。その際にはお手数ですが、弊会(03-3580-0331 土日休日除く9:00~17:30)までご連絡をお願いいたします。

<<前へ  12345 次へ>> 
ページのトップに戻る