住宅性能表示制度(じゅうたくせいのうひょうじせいど)

良質な住宅を安心して取得できる市場を形成するための制度です。

住宅品質確保法に基づき、国土交通大臣および内閣総理大臣が定めた共通の基準に則って、国に登録された第三者機関が評価や検査を行い、その結果を住宅性能評価書として交付します。住宅の「設計」に対しては「設計住宅性能評価書」、「工事施工・完成」に対しては「建設住宅性能評価書」の2種類を交付しています。その評価は、10分野・32事項にわたり、住宅の性能レベルを等級や数値で表示しています。

この共通の基準で評価されることにより、住宅の購入を考える時に、住まいの性能を相互に比較をすることが可能です。また、「建設住宅性能評価書」があれば、「住宅瑕疵担保責任保険」加入の際に、現場検査が一部項目だけになります。

検索キーワード変更