資力確保措置(しりょくかくほそち)

住宅瑕疵担保履行法に基づき、平成21年10月1日以降に新築住宅を引渡す場合、建設業者および宅建業者が瑕疵担保の履行を確保するために義務化されている措置です。

具体的には、住宅瑕疵担保責任保険への加入及び保証金の供託のことをさしており、いずれかの方法にて資力確保措置を講じれば良いとされております。

検索キーワード変更