お住まいのメンテナンス・リフォームをお考えの方

リフォーム工事や大規模修繕工事では、新築住宅とは異なり長期間の保証義務がありません(民法上の保証義務のみ)。
そのため、費用のかかる大掛かりな外装工事でも1年間の保証しか受けられなかったり、施工ミスがあってもなかなか修
理してもらえないケースがあります。
そこで、リフォーム工事や大規模修繕工事の設計ミスや施工ミスによる欠陥(瑕疵)に関する工事業者の保証をしやすく
するため、「リフォームかし保険」と「大規模修繕工事かし保険」が発売されました。
また、住宅事業者から「引き渡した新築住宅の法律上の保証期間(10年間)が満期になるので、保証を延長するための
保険はないか」との声にお応えするため、新築住宅として引き渡した後一定期間を経過した住宅への保証の延長に対応す
る「延長かし保険」も発売されました。

1.リフォーム工事や大規模修繕工事をお考えの方 ~リフォームかし保険または大規模修繕工事かし保険
    
住宅の種別(戸建住宅/共同住宅)、延床面積および階数で、保険の種別が変わります。

   
(1)リフォームかし保険
         まずは、下記動画をご覧ください。



         対象となる住宅は以下の条件のいずれかを満たす住宅です。
         
① 戸建住宅(併用住宅を除きます)
         
② 延床面積が500㎡未満かつ階数が3以下(地階を含みます。)の共同住宅
        
(併用住宅を含みます。ただし、住宅以外の部分の工事は保険の対象とはなりません。)
         
③ 上記②以外の共同住宅の専有部分(区分所有されていない共同住宅では専有部分に相当する部分)

 

詳細は、下記のサイトでご確認ください。