住宅瑕疵担保責任保険協会

日本語・英語サイトの切替えが可能です

  • 日本語サイトへ
  • 英語サイトへ
  • 文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大
サイトマップ

既存住宅状況調査および既存住宅瑕疵保険における新たな検査技術に係るガイドラインについて

ガイドラインについて

国土交通省の「平成30年度住宅建築技術高度化・展開推進事業」の補助を受け、既存住宅における新たな検査技術および手法に関するガイドラインを作成いたしましたので、ご活用ください。

目的

既存住宅の新たな検査技術および手法について非破壊検査と中心とした調査・検討を行い、その結果をガイドラインとして取りまとめることにより、劣化事象等の発見が困難な既存住宅における検査の信頼性向上や低廉化を通じて良質な住宅ストックの拡大に寄与することを目的とする。

内容

  • 現在、既存住宅において実用化されている劣化事象等別の非破壊検査技術および手法
  • 住宅以外の分野で実用化されている非破壊検査技術・手法の既存住宅への適用の可能性と課題
  • 主に使用されている非破壊検査機器の性能と運用面の評価
  • 非破壊検査技術および手法に関する技術的な解説
ページのトップに戻る